プロとして執筆の受注をするには

プロとして執筆の受注をするには

プロとして執筆の受注をするには

Webライティングは素人でも行うことができますし、依頼者は素人に依頼することもできます。

 

費用もプロに比べて安く済むのもいいでしょう。ですが、内容が専門的であったり、依頼者側の多くの修正、希望にもこたえてもらいたいようなことがあればプロに依頼をしたほうが依頼者側も安心です。仕上がりにも満足できることでしょう。また、Webライティングを行っている側もプロのほうが収入が多くなるので、仕事として長く続けやすいでしょう。ですから、Webライティングの仕事に慣れてきたらプロを目指すのもいいでしょう。
自分の執筆の腕も上がりますし、自信にもつながるでしょう。しかし、こういったプロとしての執筆の受注をするには、今までの実績が必要になることが多いです。

 

今までどのような仕事をしてきたのかといった実績履歴や、サンプルが必要であったりすることが多いです。それらを提出して自分の実力を相手に見てもらうことが必要です。また、今まで以上に知識が必要にもなってきますから、執筆するうえでの細かい調査、勉強が必要になります。また、執筆の仕事は締め切りが必ずありますから、期限をきちんと守ることができるかという事も受注をするには大切なことです。今まで期限をしっかり守れたり、まめに連絡ができてきたという人はそれも売りになりますから、伝えておいたほうがいいでしょう。途中で連絡が取れなくなるような無責任な人はいい仕事をすることができても嫌がられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ