引きこませる文章・キーワードのコツ

引きこませる文章・キーワードのコツ

実際の仕事では引きこませる文章・キーワードが勝負を分ける!

先ほども述べたように、過度に商品を進めたり、共感できないような文章はNGでしょう。

 

また、専門用語を使えば商品効果がありそうだと感じさせたり、いいものだと感じさせることもできますが、大衆向けの商品であればそういった専門的な文章も避けられがちです。また、知らない言葉が出てこれば調べてまで読む人は少ないので、そのまま商品への興味も薄れてしまう危険性もあります。

 

ですから、ターゲットが分かりやすく、商品内容を掴みやすい興味を持ちやすいキーワードを出すことが大事です。
若い女性に売り出したい商品であれば、若い女性が気になるキーワードを出してみましょう。
例えば、若い女性に人気のあるモデル、芸能人が使用していたというキーワードがあれば、自分も使ってみたいと感じる若い女性も増えるでしょう。素敵な人が使っている物であればどんなものか見てみようという気にもなります。
ですが、こういった人の名前などを無断に使用することは問題になることが多いので、きちんと許可を取ることも必要になってきます。
ですから、「今流行っている」「大人気」などの無難なキーワードを出すのもいいでしょう。

 

また、中高年であれば昔流行ったものや懐かしいと感じるものにも気が惹かれることが多いので、中高年ターゲットの商品は昔の流行語や時代言葉などを取りいれてみてもいいでしょう。キーワードは商品に興味を持ってもらうのにとても大事なものでもあるので、できるだけインパクトがあり、印象に残るものを選びましょう。また、大きな見出しにしたいのであれば、カタカナや英語より漢字を持ってきたほうが、一目で伝えたいことが分かりやすいですし、まったく今までは興味がなかったという人の記憶にも残りやすいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ